播州織

products/planning-product/banshuori
   >   
   >   

播州織とは

播州織(ばんしゅうおり)は兵庫県西脇市を代表する綿織物です。

200年以上の歴史と伝統を誇る「播州織」は江戸時代中期(11代将軍徳川家斉の治世)の寛政4(1792)年に比延庄村の宮大工飛田安兵衛(ひだやすべえ)が京都西陣から織物の技術を持ち帰ったのが起源と伝えられています。その後、西脇市を中心に北播磨地域で生産されたため、当初は「播州縞(ばんしゅうしま)」と呼ばれていましたが、明治時代後期に「播州織」と称されるようになりました。

「播州織」の一番の特徴は、糸を先に染め、染め上った糸で柄を織る「先染織物」という手法を用いることです。国内先染織物の70パーセント以上のシェアを占めており、その独特の製法により、自然な風合い、豊かな色彩、素晴らしい肌触りの生地に仕上がり、シャツやハンカチ、テーブルクロスなど様々な製品に加工されています。私たちの普段の暮らしの中で「播州織」製品は身近にあるのです。

ブックカバー企画

世界中で愛される播州織の柔らかで上質な触り心地を、
多くの方に感じていただきたいという想いからブックカバーを制作しました。

少し贅沢な気分に・・・
シンプルな縫製で、使い勝手も良く
飽きないデザインに仕上げています。

柄は、出逢いです。
1柄少量の手づくりですので
気に入られた柄に出逢ったら是非、その時にお求めください。

播州織ブックカバー
使い勝手が良く、飽きないデザイン

クリエイターとの共同開発企画

播州織の魅力を知って頂き、共に創り、共に発信します。

足立織物 × Re:ill

播州織に携わりたい。播州織でモノづくりを!

そんな時、人繋がりで紹介頂いたアトリエ彩飾案の清水氏との出会い。
「Re:ill」というブランドのコンセプトに魅了され協業。播州織の工場で出た残糸を緯糸に使用し、色鮮やかな生地として生まれ変わりました。

その生地は、これまでシャツ地産地では見たこともない肉厚で、デニムやキャンバス地のように堅くない。柔らかく、ずっと触っていたい。そんな風合の生地を織ってくれるのは、織工場の橋本裕二織布。
出来るだけ多くの方の目に播州織を・・・そんな思いでバッグを企画製造。是非、近くのお店で手に取ってその素材感を感じていただきたい。

Reill

Re:ill
「リール」 アトリエ彩飾案の清水敬二郎によるブランド。

<ブランド名の由来とコンセプト>
私たちの周りは沢山のモノで溢れかえり、捨てられてしまうモノ、忘れられてしまう文化があります。
しかしそれらのモノづくり文化こそが現在の私たちに未来を与えてくれました。
衰退するモノづくりと忘れられてしまう文化。これからを未来へ伝達したいと考えるようになりました。
そして自らが発信する事でモノづくり文化に光を当て(Relight)未来(Will)への伝達に貢献したいと考えております。
その思いをRe:illというエシカルファッションにのせて展開します。
Re:illとはRe~(Relight、Recycle、Remake、Riborn、e.t.c.)からなる語源とWill(未来進行形)の造語で「Re+will=Re:ill」と“未来再生”という想いを込めています。

アトリエ彩飾案ブログページ(http://3149an.com/