お問い合わせ

社会福祉法人養徳会 医療福祉センターのぎく様防災製品導入事例

19/01/20

非常用毛布を備蓄されるきっかけ

社会福祉法人養徳会医療福祉センターのぎく様では防災備蓄庫を設置され、以前から備蓄の備えを積極的に取り組まれてきました。
地元の自治体では、2~3年前から防災計画が始まっています。
数年前に豪雨で浸水等の水害が発生した際に、指定避難所が3ヶ所ほどありましたが、施設内に入れず車の中に留まっていた人が多数おられました。
そんな中で「ハンディキャップのある方の2次避難場所として開設したい、ここがケア・居易い場所になれば・・・」との施設ご担当者の思いから備蓄を進められました。
現在、すでに非常食やヘルメット、土嚢なども備蓄されていらっしゃいます。

社会福祉法人養徳会医療福祉センターのぎく様

当社毛布の備蓄を決めた理由

毛布のコンパクト性と開封した毛布の肌触りが良かった。
インターネットで色々と探したが、圧縮後毛布のサイズが圧倒的に小さかった。
また防災毛布は肌触りが硬いイメージが強かったが、EB-201は驚くほど肌触りがよかった。

また、緊急時の担架としても使用できるので、AEDと一緒に備蓄もされています。

社会福祉法人養徳会医療福祉センターのぎく様

この記事をシェアする
その他 の導入事例一覧

その他の記事はまだありません。

ページ
トップへ
@adachi_orimono
非常用圧縮毛布

購入はこちら

検討サンプル申し込み

お問い合わせ